晶平鍛刀道場 SWORDMASTER AKIHIRA 晶平鍛刀道場 SWORDMASTER AKIHIRA

晶平⼑の理念

晶平⼑のスタイル

私は五郎入道正宗の奔放にも見える作風の中にある美しさや生命力に惹かれ、刀を創り続けています。 五箇伝(大和、山城、備前、相州、美濃)の中でも、相州伝の名匠 新藤五国光・正宗・郷は当時の鎌倉武士たちの気風を現したような力強さや躍動感に溢れています。
私の作品は、洗練された姿に刃はあくまで明るく、潤いある地刃には地景、金筋が閃く最高の一振りを作るために、時代と質の良い古鉄、古銑を確保し和鋼から制作しております。
だからこそ、晶平にしかできない相州伝の世界があるのです。
製作には1年~1年半という時間がかかりますが、ご注文者様と共に楽しみながら創り上げていくことを心がけています。

【撮影】井上⼀郎

刀製作についてはこちらから 出演・講演会のご依頼はこちらから

HISTORY

1968年 大分県大分市出身
1987年 大分県立大分上野丘高等学校卒業
1992年 明治大学 政治経済学部卒業
1994年 長野県坂城町 宮入小左衛門行平師に入門
1999年 文化庁より作刀承認を受ける
新作刀展覧会初出品 優秀賞・新人賞を受賞
2001年 新作刀展覧会 特賞 協会名誉会長賞を受賞
2003年 埼玉県美里町に晶平鍛刀道場を開設し独立
新作刀展覧会 特賞・文化庁長官賞を受賞
2004年 新作刀展覧会 特賞・協会会長賞を受賞
2005年 佐野美術館(静岡県三島市)「宮入一門の刀剣」に出品
「お守り刀展覧会」(全日本刀匠会主催・文化庁後援)において 特賞・瀬戸内市長賞受賞
2006年 新作刀展覧会 特賞・寒山賞を受賞
2007年 佐野美術館「日本刀の匠たち」に出品
寶登山神社(埼玉県長瀞町)後鎮座千九百年記念奉納太刀製作
新作刀展覧会 寒山賞を受賞
2008年 「お守り刀展覧会」(全日本刀匠会主催・文化庁後援)において 特賞1席・岡山県知事賞受賞
大分県立芸術会館(大分県大分市)「日本刀名品展」に出品
2009年 「お守り刀展覧会」(全日本刀匠会主催・文化庁後援)において 信濃毎日新聞社賞受賞
靖国神社御創立140年記念奉納鞴祭・公開鍛錬に奉仕
2010年 公益財団法人日本刀文化振興協会主催(経済産業省・文化庁後援)
第1回新作日本刀・刀職技術展覧会において 特賞1席・経済産業大臣賞を受賞
「お守り刀展覧会」(全日本刀匠会主催・文化庁後援)において 特賞・坂城町長賞受賞
2011年 公益財団法人日本刀文化振興協会主催(経済産業省・文化庁後援)
第2回新作日本刀・刀職技術展覧会において 特賞1席・経済産業大臣賞を受賞
「お守り刀展覧会」(全日本刀匠会主催・文化庁後援)において
総合の部1席・ワコースポーツ文化振興財団賞受賞
2012年 「お守り刀展覧会」特賞1席・岡山県知事賞受賞
「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」にカウンターソードを出品
2013年 第四回新作日本刀・刀職技術展覧会において 特賞1席経済産業大臣賞を受賞
お守り刀展覧会の審査員となる
日越修交40周年ジャパンフェスティバルに参加
ホーチミン市ホテルニューワールドサイゴンで刀剣展示、講演
2014年 第五回新作日本刀・刀職技術展覧会 審査員
「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」 スペイン マドリード巡回展(国際交流基金共催)
ABC美術館にて、銘切りデモンストレーション
バルセロナにて 銘切りデモンストレーション。
第9回お守り刀展覧会において 刀身の部 特賞1席 岡山県知事賞
全刀身作品中最高作品(審査員無鑑査を含む)として以下各賞を受賞
  • 特別賞 日立金属賞
  • 特別賞 駐日ポーランド共和国大使賞 その他受賞
2015年 第10回お守り刀展覧会 特別賞・駐日ポーランド共和国大使賞・特賞 瀬戸内市長賞など受賞
第六回新作日本刀・研磨・外装刀職技術展覧会 審査員
2016年 第11回お守り刀展覧会にて文部科学大臣賞を受賞
駐日ポーランド共和国大使 ツィリィル・コザチェフスキ閣下にお守り刀を納める
2017年 第八回新作日本刀 研磨 外装 刀職技術展覧会 審査員
日本刀文化振興協会「日本刀名匠」(無審査)に認定
2018年 第九回新作日本刀 研磨 外装 刀職技術展覧会 審査員
第十三回お守り刀展覧会 特賞受賞
11月11日 靖國神社御創立150年奉納鞴祭 公開古式鍛錬に奉仕
2019年 第十回新作日本刀 研磨 外装 刀職技術展覧会 審査員
第一回平成の名刀 名工展(三団体合同展)特別奨励賞受賞
2020年 警視総監特別賞 短刀を制作。警視総監賞授与式に参列
エッセイ「テノウチ、ムネノウチ 刀鍛冶として生きること」出版(双葉社)
NHK eテレ「Swichインタビュー達人達」に出演
現在全日本刀匠会理事、同会関東支部支部長(全日本刀匠会 http://www.tousyoukai.jp/)
(公)日本刀文化振興協会 理事
2021年 NHK WORLD 刀 KATANAに出演

著書

「テノウチ、ムネノウチ 刀鍛冶として生きること」表紙画像

クールな男が胸に宿す刀への熱い思い。
現代刀の頂点、そして千年残る名刀を目指す刀工が、タイトル通り手の内胸の内を赤裸々に明かす異色のエッセイ集。 amazonで購入

刀製作についてはこちらから 出演・講演会のご依頼はこちらから

作刀依頼、
及び業務提携の経緯

刀匠晶平さん。
以前より親しくさせていただいており、出版された「テノウチ、ムネノウチ」を拝見した際に、どうしても晶平さんの作品が欲しくてたまらなくなりました。

当時まだフリーのモーションアクターで、法人化を迷っている時期でした。
晶平さんの作品に対する覚悟や信念などに感銘し、作刀をお願いさせていただきました。

私がモーションアクターとして積み上げてきた様々な経験や動きと掛け合わせ、日本文化であるアニメ、ゲーム、メタバースといった仮想現実とリアルを繋げる架け橋となる、今までにない一振りになってほしいと願っております。

実際に作刀されてる現場を拝見し、本当に体力と集中力と削り、また危険と隣合わせで刀を鍛錬されるのを肌で感じました。
晶平刀匠が私の為だけに打ってくださる特別な演武刀、2024年完成予定です。

様々なスペシャルカスタマイズによる杉口用のオンリーワン。私にとって最高で最強の真剣で更に己を磨き、日本の伝統文化と現代文化、そして未来の最新技術との融合に繋がるプロジェクトやクリエイターの皆様へお役に立てるようますます精進して参ります。 杉口 秀樹

お問合せ